Monthly Archive: 1月 2017

矯正歯科で失敗しないためには

皆さんは歯医者さんに行ったときに、歯科矯正を勧められたことがあるでしょうか?
きっと歯並びがかなり悪い場合には、歯科矯正を勧められることになると思います。
しかし歯科医院の看板をみると、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科というような表記がされていて、いったいどこの歯科医院で矯正を受ければ良いのか分かりにくいですね。

良い矯正歯科の選び方は、矯正を専門で行っている歯医者さんです。
とりあえず自分の住んでいる街に、矯正歯科医院があるかどうかを最初に確認してみるようにしましょう。
しかし日本矯正歯科学会の認定医になっている歯科医はそれほど多くなく、10万人の歯科医の中で3000人だけです。
ですからこうした歯科医が自宅の近くで矯正歯科医院を開いてくれているなら、かなり得をしているということです。

しかし一般的にはそうではありません。
多くの歯科医院で採用している方法は、週に一回だけ矯正歯科医を外部から呼んで治療をしてもらっています。
つまりその病院では扱っていないということです。
その際には、その矯正歯科医が矯正歯科学会の認定医かどうかを確認しましょう。

八幡西区で歯科に通うことにした

寝る時に出る睡眠時無呼吸症候群というのは快適な睡眠を妨げる要因です。

快適な睡眠は仕事をこなすうえで、さらに快適な毎日を送るうえで必要なものです。

八幡西区にある宮本歯科医院ではこの睡眠時無呼吸症候群の相談を受け付けています。

マウスピースが必要であれば、この院でマウスピースを制作することが出来ますし、マウスピースを制作希望であれば呼吸器科に睡眠時無呼吸症候群の検査と診察を依頼することができます。

歯医者でもこうした症状の相談もすることができるのですね。

最近では歯に関係してたくさんの診察項目があります。

例えば歯並びを気にして、八幡西区の歯科に通ったり、ホワイトニングで白い歯を手に入れたり、またよく聞く歯周病も定期的に診察を受けることで治療していく必要があります。

歯周病は大人のかなりの数が知らずとして抱えている問題であったりもします。

歯の周りの組織の疾患で、歯肉の出血や腫れがあり、さらに症状が進んでいくと歯がぐらぐらしだし、最終的には歯が抜けてしまう可能性がある病気の一種です。

元々の始まりは歯についているプラークによってこの歯周病は引き起こされます。

歯周病を防ぐためにも私も歯医者に定期的に通うようにしてみました。