車検費用の気になる内訳

車や250CC以上のバイクを持っている方なら、数年ごとに必要になる車検は非常に気がかりなものの一つではないでしょうか。
車検には手間がかかるのはもちろんのこと、ある程度まとまった費用も必要になるため、ドライバーならできるだけ安く抑えたいと思ったり、かかった費用が本当に妥当だったのか気になったり、いろいろ考えを巡らせるポイントにもなっているでしょう。
そこで、車検費用の気になる内訳を調べてみましたので、簡単ですが自動車の場合について少し紹介してみます。
まず一つ目が法定費用です。
法定費用には自賠責保険料や重量税、印紙代があり、これらの費用は車検を受けた場所などには関係なく、定額の費用になります。
二つ目が車検基本料と呼ばれるもので、24か月点検整備の費用や検査代、代行手数料などの費用になります。
さらに例えば車検のタイミングで追加整備の必要性が発見される場合も多々あるので、整備代金や消耗品の交換に関する費用なども追加料金として別途必要になります。
この二つ目の車検基本料については、車検をどこで受けるかによって料金体系やどんなパーツに替えるか、消耗品補充にどんな商品を選ぶかによってある程度変動があるので、よく下調べしておくことが大事になるかもしれません。
車検費用を気にするなら、車検基本料については是非納得できるところに頼みたいですね。